お詫び

ただいま一部の画像に大きなクレジットの入るバグが発生しています。

みなさまにご迷惑をおかけして申し訳ありません。順次修正していますので少々お待ちくださいませ!

無常院の御朱印/長野県長野市

中見堂観音 無常院

こんにちは、信州さーもん(@goshumemo)です!!

無常院は善光寺衆徒七院のひとつで、秘仏・善光寺如来像を安置しています。寺紋は善光寺と同じ立葵。この龍がとっても躍動感があって、つい見入ってしまいました。

境内には馬頭観世音菩薩をご本尊とする中見堂があります。信濃三十三観音の第十二番札所。靴を脱いで中に入ることができます。

馬頭観世音菩薩は「中見堂観音」「子育て観音」とも呼ばれ、子供が大好きな観音さまだと言われています。中見堂がガラス張りなのは、中から子供の様子がよく見えるようにというはからいから。

山門下の六地蔵も可愛い。みんな頭の形や表情が違います。

ちなみにこちらは玄関にあった手作りの六地蔵。近所のおばあちゃんが作って持ってきてくれたそうです。可愛い。

ごしゅメモ

無常寺(むじょうじ)

ご本尊:馬頭観世音菩薩

山号:菩提山

宗派:浄土宗

札所など:信濃三十三観音霊場第十二番

ご由緒

無常院は天台宗の僧・誓林坊が永承三年(1048)に開基し、一時衰退したものの、天正二年(1574)に京都知恩院派の古刹として地域の信仰を集めてきた。善光寺と同じ「立葵」を寺紋とし、古くから善光寺7院のひとつに数えられてきた由緒ある寺院である。秘仏である銅製鋳造の本尊も「善光寺仏」と呼ばれる一光三尊の阿弥陀如来像で、善光寺の前立本尊より古い鎌倉時代中期の作と推定され、長野市の文化財に指定されている。

信濃三十三観音札所めぐり:札所紹介より引用)

 

御朱印

中見堂大悲殿

善光寺如来

アクセス

長野市安茂里小市3-45-8

026-226-4729

駐車場:山門下、墓地西側

信濃三十三観音霊場めぐり

無常院の中見堂は信濃三十三観音霊場の札所です。まとめ記事は下から。

【長野県】信濃三十三観音札所めぐりの御朱印まとめ【保存版】

2018.02.08

新メディアを立ち上げました!

信州のスキマを好きで埋めるローカルwebマガジンをはじめました!長野県の観光プランやニッチな記事が盛りだくさん。ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

信州さーもん

兵庫県出身長野県在住の信州さーもん。信州サーモンが実は鮭ではないという秘密を隠して生きている。 毎年参拝していた戸隠神社で御朱印を知り、県内外の社寺を巡るようになる。地名オタク。旅好きなので観光記事もよく書きます。 ポートフォリオ(https://peraichi.com/landing_pages/view/salmon)できました。