善光寺の宿坊で手作り体験!御朱印もいただいてきた【白蓮坊内 ギャルリ蓮】

こんにちは、信州さーもん(@goshumemo)です。

今日は秋の善光寺からお届け。

初めて善光寺の宿坊で手作り体験をして、御朱印もいただいてきました!

今回はそんな宿坊手作り体験と御朱印についてご紹介します。

 

善光寺の門前にはたくさんの宿坊が並んでいます。

 

その中でもこのむじな地蔵が目を引く白蓮坊(びゃくれんぼう)が今日の体験場所。

宿坊で手作り体験ができるなんて、ステキですよね?

 

ここでは万華鏡や

 

天然石のブレスレット、

 

サンキャッチャーなどを作るこができます。

すべて2,160円(2018年から2,500円になるそうです!)。

ふらっと行っても体験できますが、混み具合によっては待ち時間があったりできないこともあります。

確実に体験したい方は予約してから行きましょう。

 

[voice icon=”https://goshumemo.com/wp-content/uploads/2017/09/3d0e79515c56be09e41cc8748eb41b9c.jpg” name=”信州さーもん” type=”l”]

公式ページから予約するのがいちばん融通がきくらしい!

[/voice]

 

白蓮坊内ギャルリ蓮の基本情報

店名  ギャルリ蓮
所在地 長野市元善町465番地
電話番号  026-232-0241
営業時間 10:00~17:00
定休日  火曜日
公式ページ http://www.iikoto.net/shop.html 

 

白蓮坊の御朱印

御朱印は「むじな地蔵」。

体験をしている間に書いていただきました。

 

むじな地蔵とは?

むじなとはアナグマのこと。

人の姿に化けて善光寺参りをしていたむじなが、白蓮坊に泊まった際本物の姿を見られてしまいました。

人に姿を見られたむじなは逃げ去ってしまったが、不憫に思った住職が代わりに灯籠をたててあげたって言うお話。

詳しくは下の引用をご覧ください!

その昔、下総の国に一匹のむじなが住んでいました。 このむじなは、日頃、生き物を殺して生きていかなくてはならない自らの身の上を恥じ、後生を頼むために善光寺にお参りをして灯籠を寄進したいと願っていました。

ある時、むじなは人の姿に化け、善光寺参りの講中にまじって善光寺へとやってきました。 ようやく境内にたどり着き、白蓮坊に宿を定めたところまではよかったのですが、無事到着した安堵からか、お風呂でむじなの姿のまま湯を浴びていたところをみつかって、あわててどこかへ逃げ去りました。

姿を消したむじなを不憫に思った住職は、その心を知り、かわりに一基の灯籠をたててあげました。 それが今も経蔵北に今も残る「むじな灯籠」だといわれています。

白蓮坊の「むじな地蔵」は、この「むじな灯籠」の伝説にこめられた、善光寺如来の無縁の慈悲の世界を、東京芸術大学大学院教授の籔内佐斗司 (やぶうちさとし) 先生が、天真爛漫な童子形のお地蔵さまと健気なむじなの姿で表してくださったものです。 白蓮坊内には木造彩色の像、参道脇にはブロンズ像をお祀りしてあります。 ブロンズ像の台に刻まれましたのは、相馬御風 (そうまぎょふう) 先生の作になる「むじな灯籠」のうたです。

金の蓮台にちょこんと座るむじなの姿を見ておりますと、大きなおなかをたずさえた愛嬌のある姿とは対照的な、切ないほどの一途な眼差しに驚かされます。 そこに私たちは、この小さな生き物の心に生じた「罪悪深重」の自覚を見、「道心」そのものを見ることができます。 そして、実は私たち人間こそが、この地球上で最も多くのもののいのちを奪い、そればかりかお互いに殺戮さえ繰り返す、この上なく罪深く愚かな存在であることに気づかされるのです。

善光寺宿坊 白蓮坊 むじな地蔵より引用

 

撮影禁止で撮れなかったけど、宿坊の中にはむじな地蔵尊が祀られています。

芸術的な万華鏡も見学できるので、拝観だけでもして見てくださいね。

 

わたしはブレスレットをつくるよ

だいぶ迷いましたが、今回わたしはブレスレットをつくることにしました。

まずは、好きな玉を選びます。基本料金だと、メインの玉はひとつまで。

 

他にもプラス料金で少しお高めな石をチョイスすることもできます。

 

[voice icon=”https://goshumemo.com/wp-content/uploads/2017/09/3d0e79515c56be09e41cc8748eb41b9c.jpg” name=”信州さーもん” type=”l”]

キラッキラしてる!どれにしようか迷っちゃうね!!

[/voice]

 

例えばこのアクアマリンはプラス500円。

500円プラスしても3,000円未満。普通この手の体験は3,000円くらいするらしいので、かなりお得!

 

手作りブレスレットはこの専用台を使います。

 

メイン以外の石は使い放題!

 

大きさも色も模様も異なる石たちの中からイメージに合うものを選んでいきます。

 

手首の大きさに合わせてこんな感じで並べていく。

 

できた。

 

[voice icon=”https://goshumemo.com/wp-content/uploads/2017/09/3d0e79515c56be09e41cc8748eb41b9c.jpg” name=”信州さーもん” type=”l”]

不器用なわたしでも、並べるだけなら簡単!

[/voice]

 

みんなでやると尚、楽しい。

 

できたブレスレットはこうして穴に通して、

 

はい、完成。とりあえずひとつできました。

 

時間があるので気分を変えてもう一個。だいぶ雰囲気変わりました。

このように、納得するまで何度でも作ってみれるので気負わず挑戦できます。

 

[voice icon=”https://goshumemo.com/wp-content/uploads/2017/09/3d0e79515c56be09e41cc8748eb41b9c.jpg” name=”信州さーもん” type=”l”]

悩みまくった人は、ひとつ作り上げるのに3時間半もかかったとか……。

[/voice]

 

結局最初に作った配置のまま、メインの石を変えて完成!

使用した石をメモしておきます。

 

ちなみにゴムが切れたり古くなったりしたら、200円でゴム替えできます。また手作り体験される場合は、100円になります。

 

 

[voice icon=”https://goshumemo.com/wp-content/uploads/2017/09/3d0e79515c56be09e41cc8748eb41b9c.jpg” name=”信州さーもん” type=”l”]

かわいい!!

[/voice]

 

 

[voice icon=”https://goshumemo.com/wp-content/uploads/2017/09/3d0e79515c56be09e41cc8748eb41b9c.jpg” name=”信州さーもん” type=”l”]

ふへへへ・・・!

[/voice]

 

まとめ:宿坊での手作り体験は格別!

宿坊に入ったことすらなかったわたし。

今回は貴重な経験ができました!ありがとうございます。

 

ちなみにここ白蓮坊は宿泊もできますよ。(白蓮坊のHPはこちら。)

いつか宿坊にも泊まってみたいな〜!

 

善光寺のごしゅメモ記事

[kanren postid=”216,2224,3054,2587,2124,2045,1734,211,70,213,139,212″]

 

長野県の御朱印まとめはこちら

[kanren postid=”163,30,41,36,45″]

 

 

 

 

この記事を書いた人

信州さーもん

長野県観光メディア「Skima信州(@skima_shinshu )」神社・お寺と御朱印ブログ「ごしゅメモ(http://goshumemo.com )」「旅する鮭朝」とかやってる平成生まれの魚。兵庫県出身信州在住。一本桜、宿場と街道、滝、地名、温泉、御朱印、ダムカード。長野の観光に関するお仕事、お待ちしています!