【奈良】長谷寺と能満院の御朱印と御朱印帳

 

こんにちは、信州さーもん(@goshumemo)です。

奈良県桜井市にある長谷寺についてご紹介いたします。源氏物語や枕草子など、数々の名著に名を刻む古刹。

今回いただいた御朱印は7種、御朱印帳は2冊です。授与所は2つあるので注意してくださいね。

最初に拝観案内、次に御朱印や御朱印帳の紹介、最後に参拝レポをお届け!

 

長谷寺の拝観案内と御縁起

ごしゅメモ

ご本尊十一面観音
山号豊山
宗派真言宗豊山派
札所西国三十三所第八番札所
真言宗十八本山第十六番札所
神仏霊場巡拝の道第三十五番札所
所在地奈良県桜井市初瀬731-1
拝観時間4~9月:8:30~17:00
10,11月,3月:9:00~17:00
12~2月:9:00~16:30
駐車場あり
拝観料中学生以上500円、小学生250円
公式ページhttp://www.hasedera.or.jp/

御縁起

当山は山号を豊山(ぶさん)と称し、寺号を長谷寺(はせでら)と言い、正式には豊山神楽院長谷寺と申します。
「隠国(こもりく)の泊瀬(はつせ)」と万葉集にうたわれていますように、この地を昔は豊初瀬(とよはつせ)、泊瀬など美しい名でよばれていたので、初瀬寺、泊瀬寺、豊山寺とも言われていました。
朱鳥元年(六八六)道明上人は、天武天皇の銅板法華説相図(千仏多宝仏塔)を西の岡に安置、のち神亀四年(七二七)徳道上人は、聖武天皇の勅を奉じて、衆生のために東の岡に近江高島から流れ出でた霊木を使い、十一面観世音菩薩をお造りになられました。
徳道上人は観音信仰にあつく、西国三十三所観音霊場巡拝の開祖となられた大徳(だいとく)であり、それ故に当山は三十三所の根本霊場と呼ばれてきました。

 

長谷寺へのアクセスと駐車場

長谷寺駅から徒歩20分ほど。手前の初瀬街道は、おみやげ屋や食事処が立ち並びます。

駐車場は周辺の有料Pを利用

周辺には1回、もしくは24時間500円の駐車場が6つほどあります。どれでも値段は同じなのでお好きな駐車場を選びましょう。近くまで行けば看板が見えるはず。

マップ

 

長谷寺の境内マップ

境内マップ

公式ページより画像引用

 

長谷寺の御朱印と拝受所

わたしのいただいた長谷寺の御朱印は5種類。本堂の真向かいに授与所がございます。西国三十三所の御朱印には、草創1300年記念印を押していただけました。

西国六ヶ寺復刻御朱印(十一面観音)

 

西国三十三所(草創1300年印あり)

西国三十三所(御詠歌)

奈良大和四寺

大和七福八宝(大黒天)

 

長谷寺の御朱印帳、値段やサイズは?

授与所の御朱印帳はデザインが豊富。購入したもの以外は、許可を得て撮影させていただきました。

いただいた御朱印帳はシンプルなデザイン

  • 値段:1,700円

 

能満院・日限地蔵の御朱印

長谷寺のすぐ裏には能満院(のうまんいん)がございます。こちらの御朱印と御朱印帳もあわせてご紹介!

日限地蔵

御詠歌

御朱印帳がかわいい!

地蔵尊の御朱印帳、かわいかったです!私は右をいただきました。

後ろ姿もかわいい。

 

真言宗豊山派の総本山 長谷寺へ

さて、車を停めて長谷寺の本堂を目指します。仁王門前で入山料を払い、登廊(のぼりろう)へ。

石段は細かく、かつ399段と長め。体力不足のわたしはかなり疲れました。

国宝の本堂には長谷の舞台も

長い石段を上った先には、長谷寺の本堂。国宝です。

縁を回り込むように進みます。

戦後に建立された初めての五重塔

長谷の舞台から、昭和29年に建てられ「昭和の名塔」とも呼ばれた五重塔が見えました。

 

日限地蔵尊へのお参りもお忘れなく

本堂の御本尊をお参りした後、能満院へ参りました。奥にあるので見逃す方もいらっしゃるようですが、こちらでも御朱印や御朱印帳をいただけます。

地蔵尊の御朱印帳は、鎌倉の長谷寺に少し似ている気も。かわいい!

 

長谷寺 まとめ

奈良県桜井市の長谷寺と、御朱印などについてご紹介しました。体力がなさすぎて境内をくまなくまわることはできず。御朱印も御朱印帳もたくさんあって、ワクワクしました。

 

奈良県の御朱印まとめは、こちらをご覧ください!

【23種】1泊2日でめぐる!奈良県の御朱印と御朱印帳まとめ

 

新メディアを立ち上げました!

信州のスキマを好きで埋めるローカルwebマガジンをはじめました!長野県の観光プランやニッチな記事が盛りだくさん。ぜひご覧ください。

いいね!の代わりに

ABOUTこの記事をかいた人

信州さーもん

兵庫県出身長野県在住の信州さーもん。信州サーモンが実は鮭ではないという秘密を隠して生きている。 毎年参拝していた戸隠神社で御朱印を知り、県内外の社寺を巡るようになる。地名オタク。旅好きなので観光記事もよく書きます。 ポートフォリオ(https://peraichi.com/landing_pages/view/salmon)できました。