猫寺 霊験山法蔵寺の御朱印/長野県上水内郡小川村

こんにちは、信州さーもん(@goshumemo)です。

小川村に残る猫の伝説ゆかりのお寺・法蔵寺のご紹介。1342年、南北朝時代に創建した古刹です。

猫寺として県外からも多くの猫好きさんが参拝に訪れる人気スポット。猫に関する資料もたくさん見せていただきました。

 

法蔵寺の基本情報

ごしゅメモ

ご本尊釈迦牟尼仏
山号霊験山
宗派曹洞宗
札所なし
所在地小川村瀬戸川19280
電話番号 026-269-2821
駐車場あり
拝観料なし
公式ページなし

 

マップ

 

御朱印

御朱印にはかわいいネコの印が押されます。

 

小川村に伝わる猫伝説とは?

小川村には、和尚さんの代わりに動物たちに説教をしていた猫のお話が残っています。

原文は下の通り。

 

当寺は猫寺の通称をもって知られる古刹にして江戸時代初期正保年間に起りし物語りとして伝ふ。当時三代に亘り飼われたる三毛猫が法師に化けて住持の法衣を着し夜毎鎮守堂に参じて同類を集めて勤行し説法などして奇行な振舞いに及びしが事発覚するや三毛猫は寺より姿を晦したといふ。
后年三毛猫は武士に変化して当寺を訪れ過去の非礼を詫び何れの日か多年の恩恵に酬いたきを約して去りたといふ。
当時安曇郡千見の郷に御番所守護職の任にありし下條七兵衛信春氏他界し葬送にあたるや暗雲かき曇り風雨烈しく稀まる荒天に阻まれ数日に亘り難渋を極め居る折旅僧立寄り進言し当山十一代格州良逸和尚を導師として招きたる処荒天たちまち鎮まり晴天白日の下恙なく大葬儀が執り行われたと云ふ。時正保四年〔一六四七〕初秋なり。
是より下條家一門を初めとして千見地区を中心に深く当寺に帰依して檀家となるなり当時の人々は彼の旅僧こそ猫の化身にして三代に亘り飼われたる三毛猫の報恩の所業なりとして猫檀家と呼び今日に伝わる所以なり。
冀はこの伝説が広く「心の故郷」として永く伝承されんことを念願やまざるなり。

「猫塚の由来」より引用

 

法蔵寺 まとめ

小川村の猫寺、法蔵寺をご紹介しました。県外からも多くの猫好きさんが訪れる人気スポットです。

 

長野県の御朱印まとめはこちら

【御朱印】長野県中信(松本・安曇野・木曽など)の御朱印まとめ【48種】

2018.11.19

長野県北部の御朱印まとめ【107種】

2018.06.03

長野県東信エリアの御朱印まとめ【77種】

2018.05.22

長野県南信の御朱印まとめ【45種】

2018.04.22

【全33種】地元民おすすめ♪長野県の御朱印帳まとめ【値段・サイズ・授与場所など】

2017.09.20

 

新メディアを立ち上げました!

信州のスキマを好きで埋めるローカルwebマガジンをはじめました!長野県の観光プランやニッチな記事が盛りだくさん。ぜひご覧ください。

いいね!の代わりに

ABOUTこの記事をかいた人

信州さーもん

兵庫県出身長野県在住の信州さーもん。信州サーモンが実は鮭ではないという秘密を隠して生きている。 毎年参拝していた戸隠神社で御朱印を知り、県内外の社寺を巡るようになる。地名オタク。旅好きなので観光記事もよく書きます。 ポートフォリオ(https://peraichi.com/landing_pages/view/salmon)できました。