長岳寺の御朱印/長野県下伊那郡阿智村

長岳寺

こんにちは、信州さーもん(@goshumemo)です。

長岳寺は同じく阿智村にある「信濃比叡 廣拯院」と同様、最澄上人にゆかりあるお寺です。

また武田信玄のご遺体が運び込まれ、密かに火葬された寺としても有名になっています。春に咲く綺麗なしだれ桜も見所のひとつ。阿智村出身で「残留孤児の父」として有名な山本慈昭が長年住職を務めたことでも知られます。

 

ごしゅメモ

ご本尊 十一面観世音菩薩
山号 廣拯山
宗派 天台宗
所在地 下伊那郡阿智村駒場569
電話番号 0265-43-2967
駐車場 あり
拝観料 武田信玄特別拝観料200円
公式ページ なし

御朱印

大悲殿

右上には「照千一隅」、左上には「武田信玄公終焉史跡」の朱印があります。

瑠璃殿

「最近こんなのも書いてみました」ということで「瑠璃殿」もいただきました。薬師さまですね。こちらでは「子授け薬師」「子宝薬師」と呼ばれています。

中部四十九薬師第二十番

管理人は中部四十九薬師霊場も巡っているので、こちらもいただきました。通常の御朱印としても「医王殿」を拝受できます。

 

マップ

 

武田信玄公 火葬の地

長岳寺を語る上で欠かせないのが、武田信玄との関わりです。

阿智村駒場は、武田信玄が甲斐に戻る途中で亡くなった場所とされています。 武田信玄は「自分の死後3年はその事実を隠すように」と遺言を残していたため、遺骸は秘密裏に長岳寺で火葬されたと言われています。境内には信玄公の灰塚供養塔として、十三重塔が建立されています。

特別拝観では、寺宝である信玄使用の兜の前立て2種「鍬形台三輪菊唐草透彫三鈷柄付」「大日の丸練革製朱塗」などを拝見することができます。特別拝観は200円。

 

日本画家・吉川優先生のふすま絵

長岳寺の本堂にある襖には、それぞれ四季折々の景色が描かれています。

松川町出身の日本画家・吉川優先生が直々に描いた作品だそうです。春は長岳寺のしだれ桜でしょうか?「写真撮って良いよ」とのことでしたので、4枚とも撮らせていただきました。

 

 

 

春の桜もきれいだけれど、個人的には荘厳な自然の姿が描かれる 冬が好きです。襖を開けて思わず「おお・・・」とつぶやいてしばらくぼおっと眺めてしまいました。ぜひ生で見てみてくださいね。

 

望郷の鐘

長野県を代表する文学者・和田登著の「望郷の鐘」、それがこの長岳寺にあります。1回100円でつくことができます。元は別所温泉の北向観音にあったようですね。

 

 

 

阿智村のごしゅメモ

阿智村の御朱印めぐりをする際には、こちらのページも参考にしてくださいね。

[kanren postid=”75,76,7788″]

 

長野県の御朱印まとめはこちら

[kanren postid=”163,30,41,36,45″]

この記事を書いた人

信州さーもん

長野県観光メディア「Skima信州(@skima_shinshu )」神社・お寺と御朱印ブログ「ごしゅメモ(http://goshumemo.com )」「旅する鮭朝」とかやってる平成生まれの魚。兵庫県出身信州在住。一本桜、宿場と街道、滝、地名、温泉、御朱印、ダムカード。長野の観光に関するお仕事、お待ちしています!